アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
お湯を入れる

人々の生活では、普通にお湯が出て御風呂に毎日入れるのは、当たり前のように感じています。
しかしガス給湯器が突然壊れると、生活は一変してしまいますね。
夏なら冷たいシャワーでも身体を洗うことが可能です。
しかし、真冬に壊れると最悪と言えるでしょう。
毎年ガス会社から点検が義務付けられていますので、エラーの数や不具合を言われたら、そろそろ交換を考え始めるべきでしょう。
給湯器の寿命は10年から15年くらいだと言われていますが、中には壊れるまでもっと長く使用されるご家庭もあります。
壊れてから買い替えるという考え方もいいのですが、即日に取り換えが可能とは限りません。
工事の手配と備品の取寄せなどを想定すると、数日かかることもあります。

電化製品は、年々省エネで新機能を開発しています。給湯器も同様で、取り換えの時期にベストなものを付けたいですよね。見積もりのやり方は、ネットでも簡単に行えます。
まずは、現在使用している給湯器の品番ラベルや、全体像の画像、設置している場所の画像などを携帯でもよいので撮影してみましょう。
あとは、見積もり業者にそれらの画像を添付して送信します。
どの型なら取りつけることが可能かの返事を、すぐにもらえます。
工事をするだけの幅が充分にある場所か、狭くて二人がかりになるかなどでも、見積もりが変わります。
エコのタイプが流行りの時代ですが、エコを選ぶと従来型よりも少々お値段があがりますね。
それも、光熱費として数年で帳消しになることが想定されています。

家族構成によっても、給湯器の大きさは変わってきます。
同時に二か所で御湯を使いたい場合も、より大きめのサイズを選んでおくほうが、生活には便利となるでしょう。
二人暮らしまでのご家庭なら、小さめのサイズでも困ることなく生活できます。
購入時にサイズを一つ上げるだけでも、より高額になることから、本当に取り替えの時には悩むでしょうね。
今の状態で、さほど困っていないのでしたら、従来と同じサイズに買い替えをされるといいのではないでしょうか。
今後、家族が増えていくことが予想されるのでしたら、思い切って1サイズ上のクラスで購入されておくことも御勧めです。
エコのタイプを選びますと、自動で御湯の出方もガスも抑えてくれますので、非常に経済的です。

オススメリンク

お風呂のお湯

専門業者に依頼する

基本的に、業者による依頼が必要になるのは、前段で書きましたが…Read more
お風呂とアヒル

類似事項

ガス給湯器が故障してしまうとお湯が使用出来なくなってしまうた…Read more

関連リンク